公務員の種類は?

公務員を大別すると、国家公務員と地方公務員に分ける事ができ、その中でも国家系、地方系、公安系などにも分別する事ができます。
国家公務員と地方公務員は、種類や職種により、仕事内容は大きく変わります。

公務員の中で、国の行事や国民に関わる仕事をしているのが国家公務員であり、その職種で代表的なのは各省庁、裁判所や国会であり、国を運営する部署に所属しています。
また、それらも特別職、一般職が存在し、国民のために住みやすい環境や社会を作る事が目的とされています。

国家公務員は、地方公務員と比較すると、国に近い仕事が数多くあり、その職務の責任も重くなります。
また、国へ奉仕するという職務でもあるので、機密情報なども数多くある職務となります。

国家公務員の中で特別職というのは、国会職員や裁判官、防衛省の職員などがそれに当たります。
そのほかの職務を行う公務員を一般職と言います。
また、国家公務員は、国家機関のスペシャリストであり、経済、地球環境、税金や労働問題等、国に関わる仕事を行う機関であり、その仕事のスケールは大きいです。

公務員は、国のために役立ちたいと思っている方が向いており、強い使命感により、リーダーシップを取れる方が必要とされています。
また、国家公務員は、採用後に色々な研修があり、個人それぞれの能力を十分に引き出すことが出来る仕組みとなっています。

試験では、上級、中級、初級があり、それぞれ難易度が違いますが、初級は高校卒業程度と言われており、それほど難しい物ではないとも言われているので、これから公務員を目指す方は受験してみましょう。